RoboForm2Go (ロボフォーム2Go)

RoboForm2Go (ロボフォーム2Go) 7.6.2

ブックマーク・パスワード・個人情報をUSBメモリーで携帯! 便利なログイン・フォーム入力支援ソフト 

RoboForm2Go(ロボフォームツーゴー)は、ログインパスワードなどをUSBメモリーで持ち歩き、どのPC・Macからでも会員サイトに自動ログインできるようにする無料ポータブルソフトです。USBメモリーを差し込むだけで、ツールバーからワンクリックで自分のFacebookMixiTwitter/就職サイト/メールアカウントなどにログインできます。個人情報や自己PRなどのテキストをフォームにワンクリックで貼り付けることも可能です。大事なデータを安全に保管し、外出先ですぐにアクセスできるようにしておけば、日常使いにも便利なだけでなくデータを忘れた時のバックアップとしても役立つでしょう。 完全な説明を見ます

賛成票

  • パスワード・ブックマーク情報・登録した個人情報などをUSBメモリーで持ち歩ける
  • Internet ExplorerとFirefoxで会員サイトに自動ログインできる
  • 利用PCにはデータを残さない
  • 姉妹ソフトのロボフォームと同期できる

反対票

  • 設定項目が多すぎてわかりづらい
  • ロボフォームとは異なり、Google Chromeでは利用できない

とても良い
8

RoboForm2Go(ロボフォームツーゴー)は、ログインパスワードなどをUSBメモリーで持ち歩き、どのPC・Macからでも会員サイトに自動ログインできるようにする無料ポータブルソフトです。USBメモリーを差し込むだけで、ツールバーからワンクリックで自分のFacebookMixiTwitter/就職サイト/メールアカウントなどにログインできます。個人情報や自己PRなどのテキストをフォームにワンクリックで貼り付けることも可能です。大事なデータを安全に保管し、外出先ですぐにアクセスできるようにしておけば、日常使いにも便利なだけでなくデータを忘れた時のバックアップとしても役立つでしょう。

RoboForm2Goを起動すると、Internet ExplorerとFirefoxブラウザーに専用ツールバーが現れます。まずは利用しているWebサイトのログイン情報を登録します。Webサイトに移動してログインすると、ロボフォームのツールバー上にメッセージが現れるので「保存する」を選びます。次回からは、ツールバーの「ログイン」メニューでそのサイトを選ぶだけでページへの移動とログインが行われます。 データはUSBメモリーに保存されるので、どのPCやMacで登録したデータも利用できます。「どこでも使えるブックマークとログイン支援のセット」という感覚です。PC本体には保存されないので、セキュリティ上も安心です。

タスクトレイのRoboForm2Goアイコンから操作ウィンドウを開くと、さまざまな個人情報や連絡先などを登録できます。例えば自分の名前・口座・経歴その他情報を保存しておくと、ショッピングサイトや就活サイトでもワンクリックで個人情報を入力できます。外出先で「志望企業の新卒エントリー、今日までだ!」と気づいても、公共のPCにUSBメモリーを差し込めば素早く応募できるでしょう。「就職サイトのパスワードを忘れてエントリーできない…」という事態も防げます。

RoboForm2Goを利用するには、マスターパスワードの設定が必要です。マスターパスワードを忘れるとRoboForm2Goの全データに一切アクセスできなくなるので注意してください。なお、インストール時にエブリウェア版を選ぶと、オンラインサーバーにデータを保存できます(AES256暗号化)。必要性はありませんが、オンラインに保存しておくと姉妹ソフトのロボフォームとデータを同期できます。RoboForm2Goには設定項目が多違反面わかりにくく、序盤はオプション画面を見るだけでも食傷気味になります。使いこなせば便利なので、色々試してみましょう。言語は日本語も選択でき、オンラインの「使い方」も日本語で読めますが、説明書(ヘルプ)は英語の長文です。
RoboForm2Goは、サイトへのアクセス・ログインやフォーム入力を支援してくれる便利なソフトウェアです。姉妹ソフトのロボフォームは持ち歩けませんがGoogle Chromeにも対応するなどのメリットもあるので、比較して自分に合う方を選ぶとよいでしょう。

— パスワード管理 —

RoboForm2Go (ロボフォーム2Go)

ダウンロード

RoboForm2Go (ロボフォーム2Go) 7.6.2